ゴーカート 事故 主催者

北海道ゴーカート事故の主催者は函館トヨタ?事故原因はカラーコーン?

北海道森町のグリーンピア大沼イベント「函館地区オールトヨタクルマファンFES」で
ゴーカートが突っ込み2歳の子供が死亡した事件がありました。

ゴーカートは時速40km出ますがカラーコーンで、
主催者の安全管理想定に問題があったのでは?という意見も出ています。

主催者はどこだったのか?調査しました。

事件概要

ゴーカート 事故 主催者

今回の事故の概要です。

北海道・森町のイベント会場で11歳の女の子が運転していたゴーカートが子どもたちのグループに突っ込んだ事故で、警察は19日、意識不明となっていた2歳の男の子が死亡したと発表しました。
18日正午前、森町のイベント会場で、11歳の女の子が運転していたゴーカートがコース外にいた1歳から4歳の子ども4人と大人1人のグループに突っ込みました。
この事故で、吉田成那ちゃん(2)が頭から血を流し病院に運ばれ意識不明の重体となっていましたが、きょう午前、死亡が確認されたということです。
警察は安全管理が適切だったかなど当時の状況を調べています。
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/7ab03a20231496c36f12e5b3439fc183325998e9

ゴーカートイベント主催者はどこ?

「函館地区オールトヨタクルマファンFES2022」の主催者は、
函館にあるトヨタ系列です(函館トヨタ・函館トヨペット・トヨタカローラ函館・ネッツトヨタ函館)。

問い合わせ先は函館トヨペット株式会社内となっています。

 

開催されたグリーンピア大沼は会場であり主催者ではありません。

ゴーカート事故の理由は安全管理?

ゴーカート体験イベント「オールトヨタカートゾーン」には、

  • 高速コース
  • 低速コース

がありました。

カートのコースは安全への配慮が飛び出し防止策がなく、
ゴール付近はカラーコーンが設置されていた程度でした。

ニュースを見た人たちは主催者側の安全管理に問題があったのではないかと感じている方が多かったです。

まとめ

北海道ゴーカート事故の主催者は函館トヨタ?事故原因はカラーコーン? でした。

まとめると、

  • 北海道森町のゴーカート体験イベント事故で2歳児が死亡
  • 「函館地区オールトヨタクルマファンFES2022」はトヨタ系列会社
  • 事故原因はゴール付近に策などがなくカラーコーンのみだったこと?

以上です。

ではまた。

 

ゴーカート 事故 主催者
最新情報をチェックしよう!
>HOTな話題に迫る!「はちゃりゅーブログ」

HOTな話題に迫る!「はちゃりゅーブログ」

営業歴12年の中堅営業マンであるはちゃりゅー。
実は元廃人ゲーマーなのですが、娘が生まれたことで人格が180°変わり真面目すぎる30代に(笑)
そんなはちゃりゅーがテレビやニュースで話題の出来事を見て気になったことを書いていきます。