波汐國芳 歌人 経歴

波汐國芳容疑者が歌人?という経歴を調べてわかった意外な人物像

2022年11月19日に福島県福島市の市道で97歳の波汐國芳容疑者が運転する車に女性がはねられる事故が発生しました。

波汐國芳容疑者を調べてみると「歌人」という単語が出てきて彼が一体どんな自分なのか気になりました。

今回は彼の経歴や「歌人」という職業でどんなことをしてきたのかについて記載していきます。

そもそも歌人って何?

波汐國芳 歌人

波汐國芳容疑者が歌人だと聞いて思ったことは「歌人ってなんだっけ?」でした。

調べてみると歌人とは和歌や短歌を詠む人物のことでした。

現代でも和歌や短歌を作って発表する人を「歌人」と呼ぶそうです。

波汐國芳容疑者の場合はなぜ歌人と呼ばれているかというと、
長年にわたって「歌集」という短歌や和歌を集めた作品集に携わっており、受賞歴もあるため歌人と呼ばれています。

波汐國芳容疑者の作品と経歴

波汐國芳 歌人 歌集
引用)Webcat Plus より

上記画像は波汐國芳容疑者が今まで書いた作品です。

波汐國芳容疑者は1947年(当時22歳)に短歌結社である「潮音」に入社し
明治期から昭和期で活躍された歌人の太田青丘、太田水穂、四賀光子から短歌を学びました。

2007年に第三十四回日本歌人クラブ受賞歴し2010年には地域文化功労賞を受賞しています。

一番近い受賞歴としては、2016年に角川文化振興財団から刊行した「警鐘」であり、詩歌文化館賞を受賞しています。

波汐國芳容疑者の人物像について

波汐國芳 歌人 人物像

波汐國芳容疑者を調べてわかった人物像について記載します。

わかっている範囲で22歳から現在に至るまで歌人として詩や短歌に人生を捧げており、福島県内では有名人だったようです。

3回も賞をとっているという努力家なイメージもあり、上記記事の

「今この福島の地に生きている証を残しておくことが歌を詠む者の使命」

という高い目標意識も感じます。

ここまで志の高い人間が今回の様な事故を起こすとは到底思えませんが、
世間から見た波汐國芳容疑者は

  • 運転に不慣れで駐車時に何度も切り返しをしていた
  • ゴミ出しの時くらいしか歩いているのを目撃しなかった
  • 以前はもっと大きい車を乗っていて危なく感じた

という風に見られていたようです。

自分ではしっかりしているつもりであっても、年齢により「思った通りに運転できなかったのかな?」
と感じさせてしまう悲しい事件だなと感じさせました。

まとめ

今回は波汐國芳容疑の歌人という経歴と人物像について記載しました。

まとめると

  • 歌人とは短歌や和歌を詠む人であり、波汐容疑者は歌集という短歌をまとめた作品に携わっていた
  • 歌人として3度の受賞をしており、若い頃からずっと歌人として生きてきている
  • 努力家で志の高い一面とは裏腹に、最近では運転が危ないと近隣住人から思われていた

以上です。

波汐國芳容疑者の家族に関する記事はこちら↓

波汐國芳の息子は行政書士ですごい!エリート家族を調査

ではまた!

 

波汐國芳 歌人 経歴
最新情報をチェックしよう!
>HOTな話題に迫る!「はちゃりゅーブログ」

HOTな話題に迫る!「はちゃりゅーブログ」

営業歴12年の中堅営業マンであるはちゃりゅー。
実は元廃人ゲーマーなのですが、娘が生まれたことで人格が180°変わり真面目すぎる30代に(笑)
そんなはちゃりゅーがテレビやニュースで話題の出来事を見て気になったことを書いていきます。