育業 苦行

育業を苦行やどうでもいいと思う理由は?SNSの反応まとめ

小池知事が「育休」のことを「育業」という愛称をつけたことが話題になっています。

育休を取りやすくしようという試みとは裏腹に「苦行」と感じる人や「どうでもいい」と
思う人もいるようです。

なぜこの様に感じてしまっているかを調べてみました。

育休とは?

育業 苦行

そもそも育休とは「育児休業」の略称です。

育児休業とは労働者が原則としてその1歳に満たない子を養育するためにする休業のこと

育休という響きから休むイメージがついており、「育休は決して休みではない」ことを掲げるため
公募から「育業」という愛称を決定したとのことです。

育業という言葉を聞いたSMSの反応は

・「育業」という言葉から苦行をイメージした

・どうでもいい

などあまりいい印象を持たない方もいらっしゃいました。

育業を苦行と感じる理由は?

育業 苦行

なぜ育業を苦行と感じたのでしょうか?

新愛称「育業」という言葉を知った人が「苦行」に似ていると思う声をまとめました。

苦行と感じた人の意見をまとめました。

・濁点が入っていて語感が悪い
・響きが苦行っぽい
・育児は仕事なのか?

キャッチーな語感ではないこと、響きが重たいことなどが理由のようです。

あまり子育て世代が苦行と感じているような意見は見られなかったことが特徴的でした。

どうでもいいと感じている人の意見は?

育業 どうでもいい

どうでもいいと感じた方の意見をまとめました。

どうでもいいと感じた方々の意見は以下です。

・育児休業の呼び方はどうでもいい
・子育ての中身(環境)を整えてほしい

育児休業の呼び方を「どうでもいい」と感じる方はほとんどでした。

子ども手当の所得制限や子育て世代が生活が厳しくなっている現状を改善してほしいという意見が多くみられました。

男性の育児休業義務化も4月から始まり、呼び方だけではなく今後の子育て対策にも注目が集まっています。

まとめ

育業を苦行やどうでもいいと思う理由は?SNSの反応まとめ でした。

まとめると、

  • 育休を育業という愛称に変えることを小池都知事が発表
  • 育業という名前に否定的な意見がSNSに出る
  • 育業が苦行という言葉に似ている
  • 育児休業の呼び方をどうでもいいと感じる人が多い

以上です。

ではまた。

 

育業 苦行
最新情報をチェックしよう!
>HOTな話題に迫る!「はちゃりゅーブログ」

HOTな話題に迫る!「はちゃりゅーブログ」

営業歴12年の中堅営業マンであるはちゃりゅー。
実は元廃人ゲーマーなのですが、娘が生まれたことで人格が180°変わり真面目すぎる30代に(笑)
そんなはちゃりゅーがテレビやニュースで話題の出来事を見て気になったことを書いていきます。